Altium DesignerによるPCBサプライチェーンの管理

Zachariah Peterson
|  投稿日 November 22, 2021
Altium DesignerによるPCBサプライチェーンの管理

基板の製造が単純であれば、コンポーネントの在庫を気にせず、設計者はいつでも設計図を送り出すことができます。残念なことに、PCBサプライチェーンの事情により、回路基板の製造と組み立てが計画通りに進まないこともあります。コンポーネントの在庫がなくなることもありますし、重要な部品の製造が終了してしまうことも、設計がPCBの組み立てラインに乗る前に価格が急変することもあります。こうした問題を回避し、納期に間に合わせるため、設計者にはどのようなことができるでしょうか。

Altium DesignerのPCBサプライチェーン機能を使用すると、コンポーネントに必要な調達データを簡単に入手し、調達に関する問題を早期に発見することができます。サプライチェーンが混乱した時点で対応するのではなく、設計が完了して生産に向けて送り出される前に、コンポーネントの供給が中断される事態を予測できます。ここでは、設計に必要な部品を見つけ、回路図やレイアウトに部品を直接、インポートし、製造前に部品を確実に調達する上で、Altium Designerがどのように役立つかを説明します。

  • PCBサプライチェーンと調達に必要な機能
  • 正確なコンポーネントモデルによる生産性の維持
  • PCB設計データとサプライチェーンのクラウドへの統合

PCBサプライチェーンを可視化する機能と完全な設計ツール群を組み合わせた、業界唯一の設計アプリケーションです。

新しい設計は、パッシブICおよびSoCから特殊用途のICおよびSoCまで、膨大な種類のコンポーネントを使用している可能性があります。設計者は、PCBサプライチェーンの変動に影響されないように、製品に含まれるすべてのコンポーネントを管理する必要があります。新しいデザインを大規模に、かつ最小限の再設計で作成するにあたり、設計チームは電子部品のサプライチェーンを完全に把握できるようにしておく必要があります。新製品を必要な規模で確実に生産する最善の方法は、サプライチェーンを早めに詳しく調べておくことです。

サプライチェーンを詳細に調べるために、設計者にはどのようなことができるでしょうか。サプライチェーンの統合には、販売業者のデータベースを参照するだけではなく、新しい設計にコンポーネントをインポートしたり、調達データを単一のインターフェースで管理したりするためのツールが必要です。フル装備のPCB設計ユーティリティセットであれば、PCBサプライチェーンの問題を克服し、円滑に製造を行うために設計者が必要とする機能を備えているはずです。

PCBサプライチェーンと調達に必要な機能

PCB設計者は、サプライチェーンを問題なく管理するために、リードタイム、コスト、部品の製造終了、利用可能な代替コンポーネントなどに関する最新の情報を必要としています。販売業者からデータを入手するために、Webサイトを参照したり、手作業でコンポーネンの在庫を記録したりする手間を省き、PCB設計ソフトウェア内でこれらの機能にアクセスできるようにする必要があります。PCBサプライチェーン管理ツールでは、設計チームが以下のデータを利用できることが理想です。

  • コンポーネントの在庫、価格、販売業者リストなどの最新情報
  • PCBレイアウトで使用可能なコンポーネントのECAD、およびMCADモデル
  • 製造中、製造が中止された、またはEOLのコンポーネントを特定するためのライフサイクルデータ

PCB設計ソフトウェアでこれらのデータにアクセスできれば、製造や組み立てに遅延が発生する前に設計をやり直さなくても済むようになります。

Altium Designerでの部品販売業者との統合

サプライチェーンの統合の主な問題は、最新のデータにアクセスできないことです。適切なサードパーティサービスに登録し、コンポーネント販売業者のWebサイトの閲覧に十分な時間を費やすことができれば、必要なデータを見つけられます。本当の問題は、設計ソフトウェア内でデータにすぐにアクセスできるかどうかです。サードパーティのソリューションは、ECADモデルや調達データを設計ツールに直接提供できないため、本当のソリューションではありません。

Altiumは、主要な販売業者と提携して、Altium Designerのユーザーにサプライチェーン可視化ツールの完全なセットを提供しています。それらの機能はAltium Designerに組み込まれており、重要なPCBサプライチェーンデータにアクセスするために外部アプリケーションを使用する必要がありません。また、このデータは設計ドキュメントやBOMに即座にインポートされるので、部品調達情報をドキュメントにコピーする必要はありません。大規模なOEMから小規模なサービス機関に至るまでのすべての設計者は、Altium Designerのサプライチェーン管理機能を使用することで、生産性の利点を得られます。

  • 調達情報を提供するデータ管理ソリューションは、PCBサプライチェーンの変動やコンポーネント不足を予測し、それに対応するのに役立ちます。

電子部品の不足の管理については、こちらをご覧ください。

  • また、サプライチェーンデータにアクセスすることで、大量発注時のコストを管理し、正確な生産予算を組むことができます。

リアルタイムのサプライチェーン可視化ツールを使ったコスト管理の方法については、こちらをご覧ください。

  • Altium Designerでは、Manufacturer Part Searchパネルで、PCBサプライチェーンを包括的に調べることができます。業界最高の設計ツールを備えながら、このような統合性と詳細な情報を提供するPCB設計ソフトウェアアプリケーションは他にありません。

Altium DesignerのManufacturer Part Searchパネルについては、こちらをご覧ください。

PCBサプライチェーンのAltium Designerへの統合
Altium DesignerのManufacturer Part Searchパネル

正確なコンポーネントモデルによる生産性の維持

設計技術者やプロジェクトマネージャーは、回路基板を作成するために適切な回路図設計やPCBレイアウトの機能が必要ですが、同時にコンポーネントモデルを設計ツールに統合するツールも必要です。生産性を維持し、製造遅延を防ぐためには、部品調達データが非常に重要です。ただし、PCB設計者には、設計に使用する正しいコンポーネントデータとECADモデルも必要です。多くのコンポーネントには非標準のパッケージやフットプリントがあるため、フットプリントを1つ1つゼロから作成するのではなく、非標準のパッケージやフットプリントのデータを設計ドキュメントにすばやくインポートするツールが必要です。

Altium Designerで、使用可能なフットプリントを持つコンポーネントへアクセス

Altium DesignerのManufacturer Part Searchパネルや設計ライブラリにより、フットプリントや回路図シンボルが更新されたコンポーネントを即座にダウンロードできます。コンポーネント作成サービスを利用したり、フォーラムで正確なコンポーネントが見つかることを期待したりする代わりに、コンポーネントを即座にライブラリにインポートして、PCBレイアウトへの配置を開始することができます。最新のコンポーネントデータや調達情報により、生産性を維持するために必要なあらゆる手段を手に入れることができます。

Altium Designerのコンポーネントライブラリは統一されたデータフォーマットを使用しているので、設計の再利用や設計の更新が簡単です。設計ドキュメントからのライブラリ作成や、新しい設計での回路ブロックやレイアウトブロックの再利用をすばやく実行できます。古い設計を更新する必要がある場合は、新しいコンポーネントを簡単に設計にインポートして、古いプロジェクトでの更新の適用を開始できます。PCBサプライチェーン機能とPCB設計ツール一式があれば、生産性を高めるために必要なすべてを1つのアプリケーションで手に入れることができます。

  • 部品調達は、設計プロセスの重要な部分です。ECADデータが更新された部品を見つけられれば、設計時間全体を短縮することができます。

PCB設計戦略の一環としての部品調達ツールの使用の詳細については、こちらをご覧ください。

  • コンポーネント販売業者と直接連携しているおかげで、コンポーネントライブラリは、新しい調達情報やライフサイクル情報を使ってより迅速に更新されます。在庫切れのコンポーネントをすぐに検出し、製造遅延を防ぐことができます。

リアルタイムに更新されるPCBコンポーネント ライブラリの詳細については、こちらをご覧ください。

  • PCB設計ドキュメントにコンポーネントデータをインポートすると、新しいライブラリのECADモデルが、デザインに表示されます(2Dおよび3D表示ツールを含む)。

PCB設計ソフトウェアのECAD/MCADの統合の詳細については、こちらをご覧ください。

PCBサプライチェーンとPCBコンポーネント
Altium Designerは設計ツールと管理機能のデータを統合します。

PCB設計データとサプライチェーンのクラウドへの統合

クラウドデータ管理ソリューションは大きく進歩しましたが、サードパーティのデータ管理ツールでは、高い生産性を手に入れるために設計者が必要としている統合を提供できません。更新されたコンポーネントモデルや部品調達データを外部のサーバーやクラウドサービスにバックアップしておくと、作業が煩雑になり、エラーが起こりやすくなります。設計やプロジェクトのデータをサードパーティサービスにバックアップしておく必要はないはずです。必要なのは、PCB設計ソフトウェアですべてを効率化し、アクセス可能な状態にしておくことです。

Altiumは、サプライチェーンとプロジェクトデータ管理のための完全なエコシステムをクラウド上に構築するという、前例のない一歩を踏み出しました。使いやすいこれらのツールはAltium Designerでアクセスできます。Altium 365プラットフォームは、完全なデータ管理とサプライチェーン可視化ソリューションに対する、設計チームの答えです。Altium 365プラットフォームをAltium Designerに統合することで、PCB設計チームは、設計データ、およびサプライチェーンを単一プログラムで迅速に共有、アクセス、管理できるようになります。

Altiumが、完全なPCBサプライチェーンエコシステムを構築

サプライチェーン情報をPCBライブラリに直接統合するツールがあれば、PCBサプライチェーンデータ管理にサードパーティのツールを使用する必要はありません。コンポーネントのサプライチェーンの問題に対応するのではなく予測し、予測結果に応じて調達戦略を計画することができます。Altium 365のサプライチェーン統合により、部品の突然の製造終了や耐用期間超過の通知に慌てることなく、必要なコンポーネントを使用してより迅速に製品を市場投入できます。そして何より、Altium Designerですべてのデータにアクセスできるので、最大限の生産性で設計を行うことができます。

  • Altium Designerの統合設計環境では、すべての重要なサプライチェーン管理ツール、および世界クラスの設計機能が統合されています。Altium Designerは、PCBの設計、部品調達、製造に必要なあらゆる機能を備えています。

Altium Designerの統合環境の詳細については、こちらをご覧ください。

  • Altium 365プラットフォームは、使い勝手のよいAltium Designerのコンポーネントデータ、および部品調達データ管理プラットフォームを含め、設計者が必要とする共有およびデータ管理機能を提供します。

Altium 365プラットフォームの詳細については、こちらをご覧ください。

  • Altium Concord ProではAltium 365プラットフォームの機能をオンプレミスで利用でき、企業レベルのチームは、コンポーネントの調達、ライフサイクル、ECADデータのあらゆる側面を管理できます。

Altium Concord ProによるAltium Designerの拡張の詳細については、こちらをご覧ください。

Altium Concord ProのPCBサプライチェーン
Altium 365プラットフォームのAltium Concord Proは、サプライチェーンをリアルタイムに可視化し、設計のためのコンポーネントモデルを提供します。

Altium Designerは、業界で最も優れた設計ツールに加え、PCBサプライチェーンの可視化、および管理機能を提供する唯一のPCB設計プラットフォームです。少量の試作が必要な場合でも、数百万のユニットの完成が必要な場合でも、Altium Designerならば、成功に必要なサプライチェーン管理機能を利用できます。

Altium 365のAltium Designerは、ソフトウェア開発の分野に委ねられていた電子機器業界で前例のない統合を実現しており、設計者は自宅でもこれまでにないほど効率的に作業を進めることができます。

ここで述べたのは、Altium 365でAltium Designerを使用して行える作業のごく一部にすぎません。より詳細な機能については、製品ページ、またはオンデマンドWebセミナー「Altium 365入門 - 基本操作」をご覧ください。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る