設計にフェライトビーズを使用してEMIを低減する方法

Altium Designer
|  July 6, 2017
設計にフェライトビーズを使用してEMIを低減する方法

 

「ロケット科学みたいに、さっぱりわからない」というのはよく使われてきた言い回しです。小さなJimmyは九九までロケット科学のようだと言っていました。今日では「ロケット科学」を「電磁気干渉」と置き換えるべきでしょう。EMIは多くの人々がぼんやりとしか理解していないものの1つです。この理由から、私は正しい接地方法AC/DC回路高速配線差動ペア配線などについて記事を書いてきました。順番から、次に書くべきなのはフェライトビーズを使用してEMIを低減する方法でしょう。フェライトを使うのは少々面倒なので、まずその背後にある理論を理解することが重要です。ほとんどの電子部品は本質的にプラグアンドプレイです。しかし、フェライトはシステム内に設計して組み入れる必要があります。理論を理解すれば、LCフィルター、GNDプレーンと電源プレーンの分離、ソースのノイズのフィルタリングなどを実践できるようになります。
 

フェライトのLCフィルター

設計者は多くの場合、フェライトビーズのことをローパスフィルターと考えようとします。これらは確かに高周波をブロックしますが、特定の帯域しかブロックしません。それより上の帯域では、固有の容量が優先します。ビーズ自体はローパスフィルターではありませんが、バイパスコンデンサーと組み合わせてローパスフィルターにすることができます。この場合、本質的にLC(コイルとコンデンサー)フィルターとして機能します。フェライトビーズをこのように使用するときに大きな問題の1つは、LC共鳴です。

重要な点を先に述べると、回路の電源ラインにフェライトビーズを使用する場合、バイパスコンデンサーが必要です。低い周波数ではフェライトビーズはコイルとして機能し、電流の変化に抵抗します。すなわち、集積回路が電流のスパイクを引き出そうとすると、ビーズはそのピークに抵抗し、回路の動作の妨げとなります。バイパスコンデンサーは電荷を保存し、これらの電源スパイクを供給するために必要です。またバイパスコンデンサーは一般的にも良いやり方です。

コンデンサーとフェライトを設置したら、高周波をフィルタリングして除去できます。フェライトビーズには、LCフィルターに使用される通常のコイルと比較して、いくつかの利点があります。フェライトビーズは低い周波数でロールオフが急速です。また、固有の抵抗が存在するため、発生の可能性がある共鳴を減衰させるため役立ちます。多少の減衰能力はあっても、LC共鳴は依然として発生する可能性があります。大きなコンデンサーを使用するときは、特にリスクが大きくなります。共鳴が発生した場合、最大10dBのゲインを招くことがあります。フィルターの設計では共鳴を避けるよう注意してください。

 

 

oil filter
フェライトビーズとバイパスコンデンサーを使用して信号をフィルタリング

 

デジアナ混在信号のGND/電源プレーンの分離

EMIが回路内を伝搬する主な手段の1つは、GNDおよび電源プレーンです。混在信号回路では、単一のGND/電源プレーンがアナログ信号とデジタル信号の両方に使用されるため、特にこれが一般的となります。このため、GNDと電源のプレーンを別にするのが最良ですが、GNDは依然として同じ相対電圧に参照される必要があります。これらの問題から極めて困難な課題が生み出されますが、この課題を解決するためにフェライトビーズが役立ちます。

フェライトビーズは、アナログとデジタルのGND/電源プレーンを接続するために使用できます。この方法により、両方のプレーンは依然として同じ電圧に参照されますが、互いに絶縁されるようになります。ビーズは、通常ならプレーンから別のプレーンへ直接転送されるノイズをブロックできます。

 

一般的なノイズのフィルタリング

回路の中でノイズの問題が発生するのは、GNDと電源のプレーンだけではありません。デジタルコンポーネント、DC/DCコンバーター、入力電源ラインからもノイズが発生することがあります。フェライトビーズは、これらのすべてのソースからのノイズを遮断するために役立ちます。

ノイズの多いコンポーネントでは、絶縁のために必要なだけフェライトビーズを使用できます。基本的にはデジタルICごとにバイパスコンデンサーを使用するので、フェライトビーズを追加すると、以前に述べたLCフィルターが形成されます。これらのフィルターはコンポーネントから発生するノイズを減衰させ、回路にEMIが発生することを防止します。

一部のアナログ回路は、DC/DCコンバーターのスイッチングにより電源が供給されます。これらの電源からシステムへノイズが送り込まれることについては注意しているでしょうが、アナログチップがノイズを送出することは見逃されがちです。この場合、DC/DCコンバーターと直列にフェライトビーズを接続し、電源ライン上のEMIからアナログ回路を絶縁します。

 

Thick 50 ohm coaxial cable and ferrite latch
フェライトは多くの場合、入力電源にフィルタリングを行うため使用されます。

 

基板の外部から来るノイズについても注意が必要です。多くの場合、EMIは最初の電源を通してPCBに入り込みます。フェライトビーズは、この種のノイズを遮断するためにも優れています。実際のところ、これが最も一般的な使用法です。

PCBを宇宙空間で使用する場合でも、地上で使う場合でも、EMIからの保護が必要です。フェライトビーズは特定の高周波帯域を減衰させる、またはバイパスコンデンサーと組み合わせてLCフィルターとして動作することで、この役割を果たすことができます。LCフィルターにビーズを使用する場合、LC共鳴に十分注意してください。また、フェライトビーズを使用して、混在信号回路におけるGNDと電源のプレーンを分離し、一般的にノイズを遮断することもできます。

回路のEMIを低減する方法を理解したら、基板の設計を行いましょう。Altium Designerなどの優れた基板設計CADは、ノイズを防止する理論を実践に移すのに役立ちます。Altium Designerには広範な先進ツールとオンラインマニュアルが付属し、どのような設計上の課題にも確実に対処できます。

EMIについてのさらに詳しいご質問は、アルティウムのエキスパートまでお問い合わせください

About Author

About Author

电子设计和DFM的PCB设计工具。给EDA领导者的信息。

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home