複雑な設計で威力を発揮するPCB配線ソフトウェア

Zachariah Peterson
|  投稿日 May 20, 2020

古いPCB配線ツールのせいで、作業が遅れたり、設計が脱線したりするようなことがあってはなりません。優れたPCB配線ソフトウェアを活用すれば、正確な設計を予定どおりに完了できます。

Altium Designer

専門家を対象とする、効果的で使いやすい最新のPCB設計ツール。

これまでは、PCB設計の配線作業に長い時間をかけることができましたが、現在の厳しいスケジュールでは、要求に対応できない配線ツールを使って時間を無駄にしている余裕はありません。ツールに邪魔されることなく、最初から正しく配線を進める必要があります。また、レイアウトツールとスムーズに同期する回路設計ツールを使用すれば、これらのツールを連携させるために無駄な時間を割く必要はありません。配線が終わった後は、すべての設計内容をチェックして、製造図を自動的に作成できる完全なツールがあれば、予定より早く仕事を完了できます。足を引っ張られてしまう旧式の配線ツールに依存するのはやめ、必要な機能がすべて揃っているAltium Designerに目を向けてください。

クラス最高のPCB配線ソフトウェア

配線ツールが最大限に機能するためには、強力なプラットフォームを基盤に構築されていなければなりません。Altium Designerはこの要件を満たしています。業界で30年以上にわたって研究を続け、最良のPCB設計ツールの開発に取り組んできたAltiumは、Altium Designerの中核を成す64ビットのマルチスレッド アーキテクチャーを構築しました。これは、搭載されるすべてのツールの基盤となっています。さまざまなインタラクティブ配線や自動配線のツールを思いのままに活用できるため、どんな問題も解消します。

こうしたツールには、Altium Designerのプレミア機能であるActive Routeが含まれます。このユーザー主導の自動配線システムでは、正確な手動のような配線がオートルーターのスピードで完了します。現在の設計作業では、高速設計に伴うルールや制約に対処しなければなりません。Altium DesignerのxSignalsウィザードでは、複雑なトポロジーの配線ルールを作成できます。PCB設計でのトレース配線ツールでは、Altium Designerに勝る製品が見つからないでしょう。

高速設計の要求に対応する配線ツール

Altium Designerには、強力なプラットフォームと高度な配線ツールが用意されているほか、必要な高速配線ルールも作成できます。

AD18に搭載されるPCB配線ソフトウェアのルールメニューのスクリーンショット

基板の配線に威力を発揮するAltium Designerのルールに基づく設計

 

最終チェックとドキュメント作成が完了するまで設計は終わらない

回路図とレイアウト向けの優れたツールセットがあれば、自信を持って作業を開始して正確なPCBを構築できます。設計というパズルで最後に残るピースは、すべての設計内容をチェックして、最終的な製造ファイルを作成することです。Altium Designerには、これにも対応する機能が備わっています。

Altium Designerでは、機構設計データをレイアウト画面にインポートし、製品の筐体や機構設計上の機能に照らして配置を3Dで検証できます。また、他のPCB設計を画面に取り込んで、システムのすべての基板の構造、適合性、接続を3Dでまとめて検証することも可能です。さらに、製造図の自動作成に対応したDraftsmanが用意されているため、最終的な出力ファイルをすばやく正確に準備できます。

設計の最後まで役立つ容易なPCBレイアウト ソフトウェアツール

Altium Designerで提供されているチェック機能や図面作成ツールを活用すれば、設計の最終段階で重要な手順が抜けていないかどうかを心配する必要がなくなります。

AD18のPCB配線ソフトウェアで実行される3Dマルチボード アセンブリのスクリーンショット

機構設計要素に関する配置や他の設計要素の検証は重要な機能

 

優れた配線ツールには優れた回路図ツールが必要

必要な回路図が対応されていないと、大半の設計者は不満を覚えます。回路図とレイアウトのツールがうまく連携しなければ、回路図での変更に対処するのが困難になりますが、Altium Designerではそんな問題が発生しません。搭載されている回路設計アプリケーションは高度な階層システムにも対応するため、配線で利用できるのと同じ要領で設計のフロントエンドも完全に制御できます。その中核にあるのは、Altium Designerに整備された統合設計環境です。

回路図で開始した設計のデータは、後のレイアウトで使用するのと同じ統合データモデルに保存されます。そのため、レイアウトと回路図を同期する作業がこれまでよりもはるかに容易になります。統合設計環境のもう1つの利点は、一連の包括的なデザインルールを設計の最初から最後まで適用して、意図したとおりの配線を行って設計を仕上げられることです。

すべてのPCBツールを対応する効率的な回路図アプリケーション

配線を行うには、まず優れた回路図が必要です。Altium Designerの統合設計環境には、回路設計ツールとルールに基づく設計システムが用意されています。

Altium Designerの強力、かつ効率的なPCB設計ツールは、設計の最初から最後まで威力を発揮します。今すぐに詳細をご確認ください。PCBソフトウェアとして、Altium Designerはユーザーの皆さまから信頼されています。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

ホームに戻る